×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年 交流会


2010年

5月31日 花見
手話の会恒例のお花見会(本当は、焼肉)を青葉公園、ピクニック広場でやりました。
あいにくの雨でしたが約20人の人たちが集まってくれました。
 少し寒かったので、一生懸命に炭を熾してくれたのは良いけど、火が強すぎて肉に火が通る前に焦げてましたが、それでもみんな美味しく食べていました。
 お腹もいっぱいになった後はみんなでゲームをやりました。最初は記憶力ゲーム、チームでテーマを決めて一人一人手話で表現、人が言った手話を全部覚えて一つ一つ順番通りに手話で表現します、なかなか思い出せずみんな苦労していました。次は味覚表現ゲーム、チームの代表が目をつぶって食べた物の味を手話で表現してみんなが当てるゲームです、簡単そうに見えてなかなか難しいゲームでした

10月14日 茶話会

 学習部主催の茶話会をやりました。参加人数は少し少なかったのがちょっと残念だったけど、ゲームや手話の歌を楽しみました。
 自己紹介の後NHKみんなの手話の講師でお馴染みの早瀬健太郎さん初監督の「ゆずり葉」の5分間のDVDを見てから、グループに分かれて簡単な○×ゲームをしたんだけど、まわりのグループに答えを教える人はいるは、出題者が答えを分からないはで笑えました。
 ゲームが終わってフリータイム、各グループで楽しく会話していました。その後
「さんぽ」を練習してみんなで
手話で歌いました。

10月18日 パークゴルフ大会

 9月6日に雨で中止になったパークゴルフでしたが、会員さんの強い要望で10月18日に再度やることになりました。
前日までの天気予報では、100%雨で今回も中止かなと思っていたら、なんと朝起きて見たら晴れていました。
皆さんの強い思いが通じたんですね。場所は恵庭にあるサッポロビール工場内にあるパークゴルフ場、1人欠席の
11人での大会でしたが、珍プレー、好プレーありで皆さん楽しくプレーしていました。
 大会終了後にサッポロビール工場を見学その後、出来立てビールを飲みながら表彰をしました。
成績の良かった人、悪かった人も美味しいビールを飲みながら今日のゲームの事をさかなに楽しくおしゃべりしました。
 夜、千歳の居酒屋でやった交流会も結構盛り上がりました。

12月13日 日曜教室 そば打ち体験  

 千歳聴覚障害者協会主催の、そば打ち体験を福祉センターでやりました。
ろうあ協会、千歳、恵庭手話の会から、合わせて19人が参加しました。
講師は「千歳千年そばの会」から、お二人に来ていただきました。同会は平成12年に創立、市内で開催するイベントに参加したり、千歳市の出前講座などで、そば打ちの指導も行っています。今回、同会が作り9月に収穫したそば粉を8割使う、二八そばを作ります。まずは講師の方が説明をしながら作ってくれます。

 そば打ちには【1、水回し 2、のし 3、切り】の3つの行程があり、この中の水回しがとても重要でこれを失敗すると全てが台無しになるとのこと。
 一通り教えて貰った後、4つの班に分かれていよいよ自分達で作ります。始めての人、何回か経験がある人がいましたが、最初の水回しにはみんなドキドキ、講師のお二人も忙しく各班を回っていました。水回し→
練り→へそ出し→湯たんぽ→四つ出し→のし→たたみ→切りの行程
各班、皆さんで協力して何とか麺が出来上がりました。
 この後は茹でていよいよ試食です。講師の方から茹で方の注意があり、茹で方を間違えると、せっかく作ったそばが不味くなると言われました。
 又、そば打ちには「挽きたて、打ちたて、茹でたて」の三たてと言うのがあり、茹で上がった麺をすぐ食べないのは失礼になると教えてもらいました。 茹で時間は、麺の太さで変わりますが大体40秒から1分ぐらい、茹で上がったらすぐ冷水でしめて食べました、 もちろん講師の方に助けてもらいながら出来たのですが、なかなかの出来にみんな満足、コシもあり大変美味しくいただきました。

12月16日 クリスマス会

 ホント、一年がたつのが早いですね。16日に今年最後の例会のクリスマス会をやりました。
手話の会、ろう協の会員合わせて32人が参加、約2時間楽しく盛り上がりました。
 交流部長の開会の挨拶の後、しばしのお食事タイム、美味しいお寿司や、オードブル、ケーキを食べながら各グループで交流をしてもらい、みなさんのお腹が一杯になった頃に、ビンゴゲームが始まりました。玉が後残りわずかになっても、まだビンゴにならない人が何人か居て「もしかしてビンゴにならない人が出るのか?」 と、焦りましたが、最後はちゃんと皆さんに景品が渡りホッとしました。
 次に『お絵かきゲーム』と言うのをやりました。これは『笑っていいとも!』の火曜日のオープニングでやっているゲームで、各グループに代表3人を選んでもらいのテーマに合わせて3人相談なしで、一人ひとりのイメージで3枚の紙に一人ずつ『顔』、『上半身』、『下半身』を順番に書いてもらうものです。 もちろん前の人がどんな絵を書いたか判らないので、3枚合わせるまでどんな絵が完成するのか書いてる人は判りません。 テーマは『歌うサンタクロース』皆さんいろいろなイメージで書いていました。中には3枚を合わせてみると腕が3本あったりと各グループなかなか面白い絵になっていました。ゲームが終わる頃、丁度閉会の時間になり、最後に千歳聴覚障害者協会会長、北通研、千歳手話の会会長からそれぞれ挨拶をもらいクリスマス会を終了しました。
 終了後はお楽しみ二次会に16人で行きました。皆さんお酒が入り、大盛りあがりでした。その後違うお店でカラオケをしました。この写真を見てオ〜!と、思う人も居るのでは?

12月21日 合同研修会

12月21日、千歳聴覚障害者協会、千歳手話の会と合同研修会を行いました。
これは今後、手話通訳者と要約筆記者が協力して通訳を行う場面を想定してお互いの問題点を探すものです。
 今回、千歳聴覚障害者協会から二人の方に講師に来ていただき、講師が手話で伝えたことを手話通訳者が読み取って話し言葉に、それを要約通訳者が聞いて、文章にする方法で行いました。三つの話がありましたが、その中に結婚式での司会の想定があり、手話通訳者は気を使い、その場にふさわしい言葉使いをしたが、要約筆記者は丁寧に書いていると遅れて書けないなどの、幾つかの課題も見つかりとても有意義な研修が出来ました。